WELCOME TO KNIGHT-IN-NIGHT -SPEAK IN AUGUST-

お元気ですか〜! この暑すぎる夏って感じですが・・・、フゥ〜。ちょっとばかし夏ばて気味ですがカラ元気を出して頑張りましょう!。
さてさて、今回は40歳にして僕が始めて体験(経験?)してきたサッカー観戦についてお話します。
私のHPの中で、プロフィールに趣味として世界のメジャー野球・サッカーと書かせていただいた事をおぼえてくれていた金沢の美女から突然の吉報メールが届きました。そこにはスペインの伝統と人気が高いFCバルセロナとジュビロ磐田のチケットがありますが行きませんか?と・・・。テレビ観戦が常の私にとっては寝耳に水!。間髪いれずに「買い・買い・買い」。初めてのサッカー観戦がなんとFCバルセロナのゲームだとは感激です。因みに、FCバルセロナには2002ワールドカップで優勝したブラジル代表のロナウジーニョをはじめとしたスーパースター軍団です。当日が待ちきれない思いで夜中の高速を乗り継ぎ、いざ静岡へ・・・。えっ、静岡って車で行ったことがなく時間も読めないままGOGO!。
カーナビに頼らず?サービスエリアの地図を頼りに何とかゲームの4時間前にたどり着き、チームカラーのグッズやユニフォームをあさり前座ゲームで時間をつなぎ、待ってましたとばかりにスーパースターの登場に気持ちも次第に舞い上がりました。用意してくれた席はジュビロ側に近いゴールを斜めに見られる最高の席で、場内アナウンスとジュビロサポーターの声援に否が応でも初のゲームに緊張しながら盛り上がりはじめ、ゲーム開始のホイッスル。ワァー!っという歓声と拍手の後はスーパースター達のプレーに見入ってましたが、僕がいつもTVで見ているサッカーの盛り上がり方がいつもと違い変な違和感が・・・。そうそう、TVはアナウンサーの実況とセルジオ越後?の解説を聞きながら見ていて、目を離しても歓声につられてTVに目が戻りますが、開始とともに聞こえるのはジュビロサポーターの鳴り物と歓声にボールを蹴る音ぐらいで目を離すとどこにボールが飛んだかさがす始末。とは言え、流石のスーパースターたちは前半を僕の目の前で、しかも2ゴールをきれいに決めてくれました。言うわずと知れた後半は遠くのゴールに1本決まり、大きなモニターで見れましたが・・・。ジュビロはというと、何度かチャンスがありましたが決定的な場面にゴン・中山が決めれる場面でスルーしてしまい残念な結果となりました。
因みに、僕の後ろにいた人がゴン・中山を「中山隊長〜ぉ!」と呼んでました。僕もそんな気がして噴出しそうになりました。そうそう!。大変残念だったのは、サビオラ・クライファート・ダービッツほか前シーズンまで在籍?していたスーパースターが見られなかった事と、この日の為に用意したカメラをお店に忘れていったことです。しかしながら、その後自宅で無得点に終わったイタリア・ASローマ VS FC東京のゲームをTVで見て、僕が見たゲームは 3−0 で、しかも2得点は目の前で決まったことを思い出し、何かさらに満足感が膨れ上がった気持ちでした。*サビオラはオリンピックで見られましたね!。
その一週間後、富商OBではありませんが、いてもたってもいられず今度は甲子園へ。実は私の甥が出場しており、月曜日の営業を終えて寝台列車に揺られてこれまた暑い甲子園に到着。富商は11時開始の第二試合でしたがはやる気持ちで第一試合からバックネット裏に陣取り汗をぬぐいながらの観戦・・・。富商が勝てば2回戦は第一試合の勝者と思いスカウトにでもなった気持ちで見入っていました。さすがに千葉の代表、先発もエースも落ち着いた投球でボールにも勢いを感じてる間に試合終了。さて、いざいざ富商の第二試合へ。いすに座ってるのか写真を撮らなきゃいけないのか落ち着かないまま試合開始をむかえ、初回の攻撃で4点を奪うとちょっと安心しながら試合を観戦できました。因みに、富山大会の準決勝で先発させてもらう機会があった私の甥は一塁コーチで頑張っており、背番号18番をデジカメを手に記念の写真をとうろうろ・・・。打線も勢いにのって10点も入り最高の試合を見ることができ、久々に甥と高校野球と甲子園に感動しました。三回戦はダルビッシュ君の東北との試合にも応援に行く予定でしたが残念にも2回戦で敗退。TVで観戦してましたが、富商先発は高校の同級生の息子君でこれまた熱く応援しておりましたがお互い好守のいい試合だったと思います・・。
スポーツの秋とは言いますが、何とも暑い熱いスポーツの夏となりました。(自分は観戦専門ですが・・・・。)
今月は近況ばかりでしたが、次月はお酒も絡めてお話します。
では、素敵な夜を・・・!。


過去のコラム
Speak in JunSpeak in MarchSpeak in FebruarySpeak in July