”新年 一張羅でご挨拶のつもりです。”

Welcome to knight-in-night -Speak in jan 06-

新年 明けましておめでとうございます
今年もBAR KNIGHT IN NIGHTならびにコラム欄にお付き合いの程 宜しくお願い申し上げます

さぁ〜て皆様、新しい年の幕開けはいかがでしたか?。私は何年ぶりかに初日の出に手を合わせることができ、心洗われた気分を感じて眠りにつきました。と、言うのも大晦日の25時からご予約をいただいており、スタートしたのが1時間が過ぎた頃で皆様が揃われたのが2時間が過ぎた頃、その後も初詣帰りのお客様のご利用いただき、帰宅の頃は白々とし始めており立山に昇る初日の出に向かって車を走らせました。
年の初めよりの賑わいと、初日の出を拝めた幸せに何だか良い事がありそうな予感がする2006年の幕開けでしたよ。
因みに今年の元旦は社会に出てから(昨年は別として)初めてお休みさせていただき、めったに無い自宅から一歩も出ない日を満喫しておりました。お昼からテレビのバラエティー番組のはしごをしながら・・・・・雑念の塊のように宝くじとにらめっこ・・・。僕の買った宝くじには下1桁しか同じ数字がありませんでしたが・・・。ワッハッハ。皆様はいかがお過ごしでしたか。

さてさて、1月に入ってからも大寒波が北海道の様な細かな雪を降らせたと思いきや春の陽気を感じさせたりと、お天気模様も忙しいですね。
寒い日には”温かいカクテルを・・・”とおすすめしております”アイリッシュコーヒー”お試しになられましたでしょうか?。11月の枯葉の頃から3月のなごり雪?の頃まで、寒さが増すにつれオーダーが増えるされるカクテルですね。1930年代から40年代にかけて、アイルランドからアメリカ間の大西洋を旅客用の飛行艇が運行していて、揺れと寒さにつかれきった乗客に心と身体が温まるものをと考案され提供されたそうです。やっぱり身体だけじゃなく心まで温めてくれるんですね〜ぇ。私も精一杯美味しい”オリジナルアイリッシュコーヒー”を作ってますので寒い日には是非お試しくださいませ。”きっと、きっと、心まで・・・”。
因みに富山の”きときと”とは洒落てませんのであしからず。

そう言えば、昨年末に私どもで”オリジナルアイリッシュコーヒー”をお召し上がりいただいた I氏、年明け早々にいらしていた時には悩んでいらっしゃったのか先日は突然に”明後日スイスに行きますと・・・”。以前に仕事でスイス行きを誘われているとは聞いていましたが、突然の話にびっくりでした。この正月に決断されたのでしょう。どんな方向にしろ新しい道に歩みだすのは勇気が要りますよね。是非とも頑張ってください。
次回お会いできるときを楽しみにしております。新しい年に、新たなスタート。ガンバレー!、I氏。

それでは素敵な2006年幕開けの夜を・・・。